美月ゆりスペシャルインタビュー
――こちらのお店に入ろうと思ったきっかけは?
「同じ業界の友人に教えてもらいました」
――オイルマッサージの技術はもちろん素晴らしい事かと思われますが、M性感コースもやってらっしゃるのですね?
「はい。こちらもこの仕事の延長で……目覚めちゃいました(笑)」
――ほほう!通常の性感エステのプレイをしていくうちに?
「そうですね。以前はオイルマッサージで癒されている様子や反応を見るのがやりがいだったのですが、最後のフィニッシュ的なプレイでお客様のエッチな反応を見ているうちに……」
――目覚めちゃった。
「はい(笑)」
――初めましてのお客様から第一印象でよく言われる事って?
「『おっとりしてるね』と」
――そうなんです。ふんわりおっとりな雰囲気なのでとても痴女っぽくなる姿が想像できません。
「あはは、でもM性感コースでもいきなり豹変はしないと思います。割とこのまんまです(笑)」
――優しくエッチに責めてくれるのですね。いいですなあ。
「性感コースで遊ばれたお客様が『今まで興味がありつつも怖いイメージがあって』と、次回はM性感コースで遊んでくださったりという事もありますね」
――あーその気持ちわかります。ゆりさんには安心して身を委ねられるオーラが出てます。
「出てますか?(笑) あと『マッサージの技術が上手なので、M性感コースでも優しく責めてくれるだろうと思った』という方も」
――なるほどなるほど。元々責める方がお好きだったのですか?
「私、元々は優しくエッチに責められたいMなんだと思います。だからMな男性の気持ちもわかるし、『痛い事なんかしないから安心して気持ち良くなってね』という気持ちがこもったプレイを心掛けるようにしてます」
――エッチなプレイで個人的に好きなのは?
「前立腺マッサージが好きなんですけど、これは今でも勉強中ですね。あと亀頭責めや男の潮吹きが好きです♪ チャレンジしたいという方、けっこういらっしゃるんですよ」
――へ〜そうなんですね!
「でもムリヤリはしないので安心してくださいね(笑) 逆に興味があるのなら遠慮しないで教えてほしいです」
――ゆりさんがエッチな気分になっちゃうシチュエーションは?
「やはり男性がピクピク反応してくれたり、声が出ちゃったりするともう……(うっとり)」
――フェチみたいのはございます?
「おなか!ふわふわぷよぷよのお腹がもう大好物です!(ニコニコ)」
――今日いちばんの満面の笑みいただきました。
「あはは、顔に出ちゃいますね。それくらい大好きです(笑)」
――好きな男性のタイプは?
「昔から年上……中年男性が好きなんですよね……」
――だからメタボなお腹も好き?
「です!年上の男性が可愛らしくアエぎながら『こんなの初めて』とか言われるともうたまらない……(ニヤニヤ) あ、でも若い男性をイタズラしてる時の背徳感も嫌いじゃないです(笑)」
――ゆりさんにリピートしてくる方はどんな事を求めている人が多いですか?
「純粋にマッサージで癒されたい人もいれば……。あ、初めてのチャレンジをしてみたいという方が多いかもしれませんね」
――M性感プレイであったり?
「その中でもアナルであったり亀頭であったり人それぞれですが、不安もある中で初めてを私にゆだねてくれるというのはとても嬉しいですし、『良かった』と思っていただけるように私も全力で(笑)」
――最後に、普段から自分なりに心がけている事はございますか?
「このお仕事をしてみて、技術を高めなきゃと思って勉強し、今ではそれを未経験の女の子たちに教えたりもしていますが、『もちろん技術が高いにこしたことはない。でもそれ以上に大事なのは人との信頼感。気持ちが大事だよ』と伝えるようにしています。」
――いくら上手でも気持ちが伝わらないと安心して身を委ねられませんからね。
「そうですね。身体を癒したり気持ちよくなってもらうには、まず心のリラックスから、と思ってますので、興味ある方はぜひ遊びにいらしてくださいね♪」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)